ネットビジネスで自由を手に入れる方法を教えるブログ

大量のアクセスを集めやすいタイトルとは!! | 会社や仕事に追われることなく自由を手に入れるノウハウをお教えします


テーマ:アフィリエイト

こんにちは、タケルです。

 

 

ブログを書かれている方にとって記事のネタ探しは避けられない問題ですよね。

 

書くことがない、何もネタが無い等。。。

 

まぁそれは頑張っていただくとして。。(笑)

 

 

 

 

今回は記事ではなく記事の タイトル についてです。

 

 

せっかく記事を書いたのだからできるだけ多くの人に見てもらいたいですよね。

 

 

そこで重要になってくるのがタイトルのつけ方です。

 

 

何気なくつけてしまっている方も多いと思いますが、

 

いうなればタイトルは合コン相手の写真のようなもの(オイ

 

 

 

合コン前に相手の写真を見ればきっとあなたはどちらかの考えを持つことでしょう!

 

  1. 「可愛い!気合入れていくしかねぇ!」
  2. 「。。。まぁとりあえず行くか」

 

 

これがもしブログならこうです。

  1. 「なんだこの記事は!?中身気になる!」
  2. 「ふーん、みようかな?別にいいか」

 

 

2の場合のようにそもそも見てくれない、という可能性が出てくるんです!

 

これすごいもったいないですよね。

記事の中身がよかったとしたらなおさらです!

 

 

 

そこでタイトルもしっかり工夫しましょうということです!!

 

 

 

興味を引くタイトルのつけ方

 

いくつかテクニックがあるので紹介したいと思います!

 

強調タイプ

プラスとプラスの言葉を重ねて強調する感じです。

  • 最高にアクセスアップできる方法とは!
  • 最高に稼げる方法大公開!!

 

こんな感じですね。

 

この応用でプラスとマイナスや、マイナスとマイナスの言葉を組み合わせても面白いタイトルができます!

  • 全く稼げなかった方法大公開!!
  • 全くアクセスがなかったタイトルとは!?

 

 

これらのタイトルを見てちょっと興味がわくと思います!

(え、わかない?ま、まぁ感受性はそれぞれだ!次いこう!)

 

 

 

形式型

 

形式型とは言ったものの上手いくくりが思い浮かびませんでした(笑)

こんなのです!

 

  • アフィリエイト初心者でも稼げる方法ベスト3
  • サラリーマンにおすすめ副業ランキング
  • 副業初心者でも1日で10万円稼ぐ方法!
  • アフィリエイトで月10万稼ぐまでの3ステップ

 

上の二つはランキング型とでも名付けましょうか。テレビ番組とかでもしょっちゅう〇〇ランキングなんてのは紹介されてますよね。

みんなランキング大好きです(笑)

 

3つ目は何気ないタイトルに見えるかもしれませんが

「〇〇の方法」とは「〇〇講座」といったような

ノウハウ系のタイトルです。

役立つんじゃないか!?ってことで読者の興味を引きます。

 

4つ目は「〇〇までの3ステップ」ということで

体系的に記事が書かれていてわかりやすい内容であるという風な印象を与えて、読む抵抗をなくしてくれます!

 

 

トレンド型

 

最後はトレンド型です!これは簡単です!

 

ニュースや最近話題のワード、人物をタイトルに取り入れる感じです。

 

  • 忘年会でPPAP踊ろうとしたら〇〇だった。。
  • SMAPが解散するので〇〇してきた。
  • 日本にカジノができたときのために〇〇を覚えた。

 

こんな感じですね!検索ワードとかで引っかかりやすいのも利点だと思います!

 

 

簡単に僕が意識している内の何パターンかをまとめてみました!

細かく言い出したらまだあるんですが、それはまたいつかの機会に(笑)

 

 

 

 

 

 

 

タイトルで引き付けたら後は中身!

 

上記のテクニックを意識するだけでかなりいいタイトルにはなると思います。

 

しかし、いくらタイトルが大事とはいえ、

あくまでも中身あってこそのものです(`・ω・´)

 

しっかりと中身のある記事を書くことを忘れないようにしましょう!

 

 

そしてインパクトのあるタイトルにしたいでしょうが、

記事の内容からあまり逸脱しすぎないような言葉

タイトルは表現しましょう!

 

 

 

合コンで写真の可愛いこと全く違う女の子が来たら「なんやねん!!」ってなりますしね!

 

そういうことです(・∀・)

 

 

 

 

 

今回は興味を引くタイトルのつけ方についてお話ししました。

 

是非参考にして取り入れてみてください!!

 

 

 

それでは!